Golf Style WEB :: 本誌に載り切らないレアな情報も多数お届け!! [本の発売日は偶数月の5日です]

GS SPECIAL

編集部のウェブコラム

Vol.11 :: 気になるクラブ、見つけました!

ウェブコラム ウェブコラム Vol.11

ゴルフシーズン真っ盛り! みなさんゴルフ、楽しんでいますか?

日本のゴルフツアーも盛り上がってきていますよ! 男子ツアーは「試合数が少ない」とか、「スター選手がいない」とかいろいろな意見をお持ちだと思いますが、やっぱりプロはプロ。

技術や、道具へのこだわりはさすがで、そのあたりを我々メディアも上手く伝えられていないのかもしれません。

ということで、ゴルフスタイルの最新号の日本ツアー特集から、「あれっ! 何でみんなこれ使ってるの?」という気になるクラブをご紹介します。

一番気になったのは、女子ツアーで使用者が多かった「キャロウェイX2ホット フェアウェイ」。ぶっ飛びFW「Xホット」の2代目で、キャロウェイ契約ではない選手も採用するという人気ぶり。一般的に2作目というモデルは、初代を越えられないというジンクスのようなものがあるのですが、このモデルは例外のようです。使用プロからは、「やさしいから」という意見が多く、その後継モデルとして登場した「XR」に移行した選手は少数でした。

キャロウェイX2ホット フェアウェイ

キャロウェイX2ホット フェアウェイ



その「やさしい」とは? 「つかまって、球が上がって、強い球が出る」ということ。「XR」のヘッドは女子プロには多少ハードのようで、彼女たちの40前後のヘッドスピードでは思うようなパフォーマンスが生まれなかったようです。

キャロウェイXR

キャロウェイXR



一方、男子ではその「XR」が人気。「X2ホット」よりは気持ちディープで、男子プロにはボールをつぶしていけるイメージがあるようです。スイングでボールをつかまえられる、男子プロには、つかまり過ぎないこのヘッドがハマり、マット加工のクラウンデザインも、かなりいい感じです。

こうして、製品がリリースされて、しばらくするとそのクラブの適正な動向が見えてくるもの。最近は商品サイクルが早く、ユーザーとしても何を買ったら良い分からないという方も多いと思います。ツアーシーンや市場動向を、クラブ特集号などから読み解くことも大事かもしれません。


テーラーメイド エアロバーナー

テーラーメイド エアロバーナー


男子ツアーでは、テーラーメイド「エアロバーナー」が人気を集めていますね! ボールにしっかりコンタクトできる人は、このモデルがオススメ!

男女ともに、空前のブームを巻き起こしている、「フジクラ・スピーダーエボリューション」。
フジクラ・スピーダーエボリューション

フジクラ・スピーダーエボリューション

最近は、男子ツアーでは少しかげりが見えますが、女子ツアーではメーカー別、モデル別でも1位と、まだまだその人気は根強いようです。先が動くシャフトを上手く使いこなせるのは、ここぞという時に“力み”がでにくい女子ということでしょうか。
(2015.07.02)

編集部のウェブコラム

Vol.10 :: PGA TOUR 2014-15シーズン 勝者のクラブセッティング

ウェブコラム Vol.10 ウェブコラム Vol.10 今シーズンのメジャー第1戦「マスターズ」は若い力が躍動!
ジョーダン・スピースが大会の歴史にその名を刻み、新たな時代の突入を感じさせた大会でした。
長く続いたタイガーの黄金時代から、ツアーの勢力図は徐々にそのかたちを変え、現在はベテラン、中堅、若手が入り混じる、まさに戦国時代の様相となっています。 この戦いの図式もそうですが、選手それぞれのキャラクターが立っているのもPGAツアーがひとつのエンターテインメントとして成立している理由と言えるでしょう。

今シーズンはすでに、24試合を終え(5/1現在)、22名の優勝者が生まれています。
そんな彼らの使用クラブは、選手それぞれの“分身”とも言える「個性」の“かたまり”

いや~、それにしてもPGAツアーは面白~~~~~い!
じっくりと、彼らの愛用クラブをご覧下さい!
(さらに詳しい情報は、Vol.80の特集をご覧下さい) べ・サンムン(フライズ・ドットコム・オープン)
ベサンムン

クリックして拡大

    ベン・マーティン(シュライナーズ・ホスピタルforチルドレンオープン)
ベン・マーティン(シュライナーズ・ホスピタルforチルドレンオープン)

クリックして拡大

    ロバート・ストレブ(ザ・マクグラドリー・クラシック)
http://www.golfstyle.co.jp/wordpress/special/wp-content/uploads/2015/05/3robert.jpg

クリックして拡大

    ライアン・モア(CIMBクラシック)
ライアン・モア(CIMBクラシック)

クリックして拡大

    ババ・ワトソン(WGC-HSBCチャンピオンズ)
ババ・ワトソン(WGC-HSBCチャンピオンズ)

クリックして拡大

    ニック・テイラー(サンダースファーム選手権)
ニック・テイラー(サンダースファーム選手権)

クリックして拡大

    チャーリー・ホフマン(OHLクラシックatマヤコバ)
チャーリー・ホフマン(OHLクラシックatマヤコバ)

クリックして拡大

    パトリック・リード(ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ)
パトリック・リード(ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ)

クリックして拡大

    ジミー・ウォーカー(ソニーオープンinハワイ)
ジミー・ウォーカー(ソニーオープンinハワイ)

クリックして拡大

    ビル・ハース(ヒューマナ・チャレンジ)
ビル・ハース(ヒューマナ・チャレンジ)

クリックして拡大

    ブルックス・ケプカ(ウェスト・マネジメント・フェニックスオープン)
ブルックス・ケプカ(ウェスト・マネジメント・フェニックスオープン)

クリックして拡大

    ジェイソン・デイ(ファーマーズインシュランス・オープン)
ジェイソン・デイ(ファーマーズインシュランス・オープン)

クリックして拡大

    ブラント・スネデカー(AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ)
ブラント・スネデカー(AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ)

クリックして拡大

    ジェイムス・ハーン(ノーザントラスト・オープン)
ジェイムス・ハーン(ノーザントラスト・オープン)

クリックして拡大

    パドレイグ・ハリントン(ザ・ホンダ・クラシック)
パドレイグ・ハリントン(ザ・ホンダ・クラシック)

クリックして拡大

    ダスティン・ジョンソン(WGCキャデラック選手権)
ダスティン・ジョンソン(WGCキャデラック選手権)

クリックして拡大

    アレックス・チェイカ(プエルトリコ・オープン)
アレックス・チェイカ(プエルトリコ・オープン)

クリックして拡大

    ジョーダン・スピース(バルスパー選手権)
ジョーダン・スピース(バルスパー選手権)

クリックして拡大

    マット・エブリー(アーノルド・パーマー招待)
マット・エブリー(アーノルド・パーマー招待)

クリックして拡大

    ジミー・ウォーカー(バレロ・テキサス・オープン)
ジミー・ウォーカー(バレロ・テキサス・オープン)

クリックして拡大

    J・B・ホームズ(シェル・ヒューストン・オープン)
J・B・ホームズ(シェル・ヒューストン・オープン)

クリックして拡大

    ジョーダン・スピース(マスターズ)
ジョーダン・スピース(マスターズ)

クリックして拡大

    ジム・フューリク(RBCヘリテージ)
ジム・フューリク(RBCヘリテージ)

クリックして拡大

    ジャスティン・ローズ(チューリッヒ・クラシック)
ジャスティン・ローズ(チューリッヒ・クラシック)

クリックして拡大

   
(2015.05.06)

PGAプレイヤー, 編集部のウェブコラム

Vol.9 :: PGAツアープロの「スイングスロームービー」

ウェブコラム Vol.9 ウェブコラム Vol.9 みなさん、お元気でしょうか?
寒い日がまだまだ続き、本格的なゴルフシーズンの到来を待ちわびていることでしょう!
今回のウェブコラムでは、
最新号ゴルフスタイルVol.79(2/5発売号)の取材で行ったソニーオープンでPGAツアープロたちのスイングムービーをご紹介したいと思います。
連続写真では伝えきれない細かい部分をチェックして、自分のゴルフへのヒントとなれば、いいですね!

今回は、この6人。
PGAツアー好きであれば、ご存知だとは思いますが、

PGAツアープロの「スイングスロームービー」:: Brendon Todd

Brendon Todd(ブレンドン・トッド)は昨シーズン初優勝を飾ったイケイケの選手。



PGAツアープロの「スイングスロームービー」:: Charles Howell

Charles Howell(チャールズ・ハウエルⅢ)はツアー2勝の中堅プレーヤー。



PGAツアープロの「スイングスロームービー」:: Geoff Ogillby

昨シーズン、4年ぶりのツアー8勝目を飾ったGeoff Ogillby(ジェフ・オギルビー)。



PGAツアープロの「スイングスロームービー」:: Matt Kuchar

ツアー7勝、安定感抜群のMatt Kuchar(マット・クーチャー)。



PGAツアープロの「スイングスロームービー」:: Ryan Palmer

現在ドライビングディスタンス5位と、隠れた飛ばし屋のRyan Palmer(ライアン・パーマー)。



PGAツアープロの「スイングスロームービー」:: Sang Moon Bae

そして、日本ツアーでもお馴染み、PGAツアーで2勝目を挙げたSang Moon Bae(ベ・サンムン)。




まぁ、選手はちょっと地味ですが、スイングはそれぞれ間違いございません! またチャンスがあれば、有名どころも紹介したいと思います。
(2015.03.01)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Gsオリジナル 最高級シープスキングローブが大好評!! NEW!!



2年購読でゲット! それとも、まとめ買いでお得にゲット!
GSオリジナルシープスキングローブが大好評!!

AAキャブレッタレザー採用グローブ! アスリート御用達のオリジナルグッズ「第3弾! GSオリジナル・シープスキングローブ」が大好評を頂いております。
厳選した最高級羊革素材に独自の特殊加工を施すことにより極上のフィット感を達成。従来の天然皮革グローブに比べ、高いグリップ力と耐久性を合わせ持つキャブレッタレザーグローブです。

●素材: キャブレッタ・シープスキン(最高級羊革) AAグレード
●サイズ: 21,22,23,24,25cm(左手用 ※右利き用のみ)

> 2年定期購読お申し込みでもれなくプレゼント!!
> 単品・[お得な]セット販売も開始致しました!!

最新号 Vol.112 8月5日発売!!

Golf Style(ゴルフスタイル) Vol.112 2020.9号

PGAツアーのトレンドが一目瞭然! 発表! 2020PGAクラブセッティング大賞


THE SCOTTY CAMERON WORLD

THE SCOTTY CAMERON WORLD

2006年に発売し、大反響となったゴルフスタイル別冊「THE SCOTTY CAMERON WORLD」が、 オンデマンドペーパーパックで、再発売決定!今でもオークションや中古市場でも人気となっているこの本が、amazonで購入できる!



ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

ユーザー登録

ゴルフスタイル:Facebookページ

PremiumShop商品カテゴリー

メーカーサイトリンク

AKIRA Aloha Standard
ASAHI GOLF UST Mamiya
DUNLOP FootJoy
Fourteen Fujikura
GRAPHITE DESIGN MITSUBISHI RAYON
OLYMPIC ONOFF
PRGR SYB
Titleist TOUR STRIKER
HUMP BACK LONGIRON