Golf Style WEB :: 本誌に載り切らないレアな情報も多数お届け!! [本の発売日は偶数月の5日です]

GS SPECIAL

PGAプレイヤー, ギア特集, 編集部のウェブコラム

Vol.23 :: 気になるユーティリティ、見つけました! 「ツアープロのクラブ特集で、何だかよく見かけるこのUT!」

ウェブコラム Vol.20 ウェブコラム Vol.20 今年、ゴルフスタイルの特集で掲載したPGAツアーや、日本ツアーのクラブセッティングから、気になるクラブを発見した。ウッド系のユーティリティで、タイトリストの915H、キャロウェイ・ビッグバーサアルファ815の2モデルだ。どちらも2015年モデルだが、なぜこのクラブの使用率が高いのだろうか?  まず2つのモデルを見比べてみると、形状的にとても似ていることが分かるだろう。顔はもちろんだが、フェースの厚み、ヘッドサイズなど、酷似している点が多い。ツアープロが望む形状だと言えるだろう。では、なぜ最新モデルではなく、このモデルなのだろうか? タイトリスト915H

まずはタイトリスト915H。ドライバーや3Wが低スピン傾向になるなか、ロングショットでグリーンを狙えるクラブとなるとこのUTになるのだが、915Hは弾道が高く、ややスピンも多めのタイプだ。ボールも低スピン化が進み、いざグリーンオンさせるためには、クラブでスピンを与えることが必要になる。大き過ぎず小さ過ぎないサイズ。それでいて重心もある程度浅めに設定されているので、高低のコントロールができるUTなのだ。使い勝手のよいUTなると、この915Hになる訳だ。

シーウー・キム / テーラーメイドM1 440     ジム・ハーマン / テーラーメイドM1 460

一方のキャロウェイ・ビッグバーサアルファ815は、タイトリストとは少し特徴が違う。低スピン系のドライバーからの流れを汲んだ、飛び系のUTにカテゴリーされる。男子プロは18度を5W代わりに使い、女子プロは20度、23度を選ぶパターンが多い。やはり距離を求めた選択で、女子では高さを出せるロフトのある番手が使える条件のようだ。2モデルとも同じ形状だが、性能は真逆。求める弾道が何かで、選ぶクラブが変わってくるということだ。

キャロウェイ・ビッグバーサアルファ815ユーティリティ

ユーティリティに何を求めているのか。飛び? ロングショットでグリーンオン? 使い勝手? それによって選ぶモデルは変わってくる。今回ピックアップした2モデルは、その代表的な例として、参考にしてもらいたい。    
(2017.07.02)

Gsオリジナル 最高級シープスキングローブが大好評!! NEW!!



2年購読でゲット! それとも、まとめ買いでお得にゲット!
GSオリジナルシープスキングローブが大好評!!

AAキャブレッタレザー採用グローブ! アスリート御用達のオリジナルグッズ「第3弾! GSオリジナル・シープスキングローブ」が大好評を頂いております。
厳選した最高級羊革素材に独自の特殊加工を施すことにより極上のフィット感を達成。従来の天然皮革グローブに比べ、高いグリップ力と耐久性を合わせ持つキャブレッタレザーグローブです。

●素材: キャブレッタ・シープスキン(最高級羊革) AAグレード
●サイズ: 21,22,23,24,25cm(左手用 ※右利き用のみ)

> 2年定期購読お申し込みでもれなくプレゼント!!
> 単品・[お得な]セット販売も開始致しました!!

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

ユーザー登録

最新号 Vol.95 10月5日発売!!

Golf Style(ゴルフスタイル) Vol.95 2017.11号

PGAツアー・チャンピオンズが日本にやって来た!! 53名の達人が選んだCLUBたち


ゴルフスタイル:Facebookページ

PremiumShop商品カテゴリー

メーカーサイトリンク

AKIRA Aloha Standard
ASAHI GOLF UST Mamiya
DUNLOP FootJoy
Fourteen Fujikura
GRAPHITE DESIGN MITSUBISHI RAYON
OLYMPIC ONOFF
PRGR SYB
Titleist TOUR STRIKER
HUMP BACK LONGIRON